広島カープともみじ銀行

今年も「カープV預金2015」が発売されました。この1年もの定期預金が有名なのは、何といっても地元のプロ野球広島東洋カープがセントラル・リーグレギュラーシーズンで3位以内になると「特約利率」が適用されるという事でしょう。4位以下には適用はありません。

発売記念イベントには、カープの選手も駆けつけて盛り上げましたが、発売当日は営業開始前から行列ができ、3日間で114億円以上の預入れがあったとか。ただし、この預金が発売されてから20年たった今でも、まだ優勝はしていないようです。しかし今年は米メジャーリーグに所属していた黒田投手がカープに復帰したので、「今年はやるかも!」とファンの期待が盛り上がったようですね。

広島東洋カープの「カープ」とは、広島県にある広島城が「鯉城」と呼ばれ、鯉は滝を登る出世魚であるところから命名されたとのことですが、原爆が落とされた広島復興の想いも込められています。また日本のプロ野球球団の中で、唯一企業の傘下に入っていない市民球団である、ということもファンの思い入れを深くしているようですね。広島スタジアムに隣接するコンビニ「ローソン」も、赤いラインをあしらって「赤ローソン」と呼ばれているそうですし、最近は女子のファンもふえて「カープ女子」と言う言葉も生まれました。

当然もみじ銀行は広島カープのオフィシャルスポンサーとなっています。預金通帳やキャッシュカードなどにもカープデザインのものが登場。カープの「燃える赤」を基調にカープ坊やをあしらったもので、発売のニュースが流れると、インターネットでも「まじで欲しい〜」「東京ではカープ通帳作れんのなら、広島に移住しよう!」とこれまた大騒ぎだったようですよ。

抽選で毎試合202組に公式戦のマツダスタジアムペア入場券がプレゼントされるのも、人気の一端を担っています。もみじ銀行の通常の預金金利は、あまり良いとは言えませんから、これはカープに頑張ってもらうしかないでしょう。

広島城の参考SITE 広島城ホームページ

黒田投手の参考SITE 黒田博樹(広島東洋カープ)